◆デザイントピックス


◆コーポレートデザインであなたの会社を
 チェンジしてみませんか?
 無料資料レポートを差し上げています。

無料レポート「他社とは違う!納得できるコ−ポレ−トデザインを手にするための方法 あなたの会社のこだわり製品・商品をきちんとお客に伝えるには 」 を差し上げています。
レポート資料ご希望の方は、クイックフォームからご請求下さい。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
adobe reader


中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
J-Net21・バーチャル展示会

登録しています。


 神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業団体中央会「かながわITネットワーク」
に登録しています。


◆ビジネス、マーケティング、デザインの情報源
InfoStore インフォストア

インターネットで情報検索もいいけれど、ノウハウのいっぱい詰まった本もまだまだ大切な情報源です。知識を深めるもよし、実践してみるのもよし。あなたのビジネスにピッタリの本〜情報源〜はこちら
store<n.蓄え, 用意;(知識などの)蓄積>


CORPORATE DESIGN

デザイントピックス
他社とは違う!あなたの会社の姿勢、こだわりを表現する
中小企業のためのコ−ポレ−トデザイン

デザイン料金、高いか安いか!?

デザインにいくら費用をかけるべきか。デザイン料金についてお話します。


お問い合わせで、よくこう聞かれます。
「ホームページを作りたいけど1ページいくらですか?」「A4のチラシのデザイン、いくらですか?」
そう聞かれる時、いつもこう答えています。「ピンからキリまでですよ」と。無責任に聞こえるかもしれませんが、それが事実なのです。 デザイナー10人のうち8人まではそう答えると思います。


それはなぜか?

デザインするには、内容、規模、期間、数量等によって検討しなければならないことが多々あり、それらを全てクリアしないとどのように進めればよいのか判断しにくいのです。
A4のチラシを1点デザインするにも、新商品の宣伝か、イベントの告知かなどの目的は何か、商品宣伝ならばその商品はどのようなものか、撮影する必要があるのか、両面 フルカラーなのか、イラストの表現がいいのか、キャッチコピーやライティングが必要なのか、素材はあるのかないのかなどなどなど・・・・それぞれの状況に応じて適切なデザイン表現が求められます。
そして、大切なことは、クライアントが何かイメージするもの、考えていることがあるのか、もしなければ、アイデアや企画から提案するのか、など、クアイアントの意図を把握し、どのような形にしていくのがいいのか考える必要があるということです。趣味でデザインをするわけではないので、デザイナーの一方的な思い込みや感覚で進めるわけにはいきません。このようなプロセスを経てデザインができあがるので、そのために費用は一概にいくらということができないのです。


企業は業種、業態、事業内容などによって千差万別で、デザインはまさに、完全にオリジナルなものですから、一社一社、お話を伺い、理解することから始めないとならないからです。ですから何をするのかわからないような、デザイン費一式ン十万円と言う出し方はなるべくしないようにしています。


デザイン料金、「安い」と「安くする」は違う!?

チラシひとつとっても、原稿をいただいて、文字だけで構成するなら数千円ですむかも知れませんが、モデルを使って撮影となれば、いきなりン十万もかかってしまいます。 また、「ホームページを作りたいけど1ページいくらですか?」「A4のチラシのデザイン、いくらですか?」という質問の答えとして期待されているのは、単価としていくらなのか、他のところと比較してどうなのか、お知りになりたいということだと思います。
このような時は、いろいろなやり方があること、様々なプロセスで出来上がっていくことなどを説明した上で、今までの経験値から、だいたいの費用単価をお話しています。そのため全体のプロセスを考慮して出来上がったデザイン制作物を数量 で割ったものを単価としてお話するので、高めの金額かも知れません。

少し多めの費用を必要とするかも知れませんが、一度できたデザインのものを印刷したり、更新したりする複製コストは安くなります。一度しっかりしたデザインの会社案内を作れば、今では、印刷も少部数から印刷できるオンデマンド印刷もありますし、急ぎの場合には会社のプリンタで出力も可能です。(つい10年前まではそうはいかなかった。Macが発達したおかげです。)また、 新商品が出た時など商品写真の差替えなどの作業ですむこともあります。
このように安く制作する方法を選ぶことはできますが、はじめから安い価格で制作することはできないのです。逆の言い方をすれば、予算と内容がわかれば、その予算内でデザイン制作する方法もあると言うことです。


コーポレートデザインにいくら費用をかけるべきか。

コーポレートデザインは、他社とのイメージの差別化を図るわけですから、全てカスタムメイド(完全オリジナル特注品)です。そのため、そっくりそのまま他へ転用することはできません。デザインするには、あなたの会社のことをよく知り、何が最も必要なのか、業界用語的にいえば、“企画する”“コンセプトを決める”ということから始めなければ、本当の意味であなたの会社のコーポレートイメージに合ったデザインはできません。それはA4のチラシでも、数百ページにおよぶWebサイトでも変わりがありません。
デザインしたものは、納品するとデザイナーのもとを離れ、あなたのところで使われます。そして、それはあなたの会社の顧客の目に触れ、評価される大切ものなのです。
大切なものであるからこそ、単に安さの強調よりも、制作の進め方とそれに伴う費用についての説明がきちんとされているかどうかが、デザイン料金を判断する目安となるのではないでしょうか。
当社のデザイン料金については、こちらをご覧ください。


コーポレートデザインであなたの会社をチェンジ!

無料デザイン診断&お見積を実施中です。今すぐこちらからお申し込みを。

御社のチラシ、パンフレット、会社案内やホームページ、ロゴマークの作成は、どなたが担当されていますか?
もし、御社に、広報・広告宣伝の専門部署がなく、技術、製造、総務、営業、販売等の部門の方が担当されているのなら、ぜひ、「無料デザイン診断&お見積」をご利用ください。
「どこから手をつければいいか困っている。」「忙しい本業を抱えているので、なかなか進まない。」などなど、このようなお悩みにお答えするのが「無料デザイン診断&お見積」です。

詳しくはこちらをご覧ください。


無料資料レポートを差し上げています。ご請求はこちらから。

無料レポート「他社とは違う!納得できるコ−ポレ−トデザインを手にするための方法 あなたの会社のこだわり製品・商品をきちんとお客に伝えるには 」 を差し上げています。レポート資料ご希望の方は、クイックフォームからご請求下さい。
ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
adobe reader


「デザインは、どこに頼めばいいんだろう」〜こんなことでお困りではありませんか?

業種、業態、規模の大小を問わず自社の商品、製品、サービスをアピールする時、どこへどのように頼めば良いのか、費用はどれくらいかかるのかよくわからない、などといった問題を抱えていることがありませんか?「こんなはずでは・・・」というトラブルを避けるためのポイントとは。


キーワードで探す情報源

デザイン料金