◆デザイントピックス


◆コーポレートデザインであなたの会社を
 チェンジしてみませんか?
 無料資料レポートを差し上げています。

無料レポート「他社とは違う!納得できるコ−ポレ−トデザインを手にするための方法 あなたの会社のこだわり製品・商品をきちんとお客に伝えるには 」 を差し上げています。
レポート資料ご希望の方は、クイックフォームからご請求下さい。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
adobe reader


中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
J-Net21・バーチャル展示会

登録しています。


 神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業団体中央会「かながわITネットワーク」
に登録しています。


◆ビジネス、マーケティング、デザインの情報源
InfoStore インフォストア

インターネットで情報検索もいいけれど、ノウハウのいっぱい詰まった本もまだまだ大切な情報源です。知識を深めるもよし、実践してみるのもよし。あなたのビジネスにピッタリの本〜情報源〜はこちら
store<n.蓄え, 用意;(知識などの)蓄積>


CORPORATE DESIGN

デザイントピックス
他社とは違う!あなたの会社の姿勢、こだわりを表現する
中小企業のためのコ−ポレ−トデザイン

こんなことでお困りではありませんか?

業種、業態、規模の大小を問わず自社の商品、製品、サービスをアピールする時、
どこへどのように頼めば良いのか、費用はどれくらいかかるのかよくわからない、
などといった問題を抱えていることがありませんか?
「こんなはずでは・・・」というトラブルを避け、
あなたの会社のコーポレートイメージを正しく伝えるためのポイントとは。


デザインはどこに頼めばいいんだろう?

製品・商品チラシにパンフレット、会社案内、ロゴマーク、広告を作る時、みなさんはどこに頼んでいますか?
付き合いのある広告代理店?
名刺の印刷を頼んだいつもの印刷会社さんでしょうか?
営業担当者に来てもらい、「○○な感じで、作ってくれない?」という風に依頼されるのではないでしょうか?
「あっ、それから見積も忘れずにね。」と。
こうやって依頼されたものをデザイン制作するのが、デザイナーやクリエイターと言われる私達たちの仕事です。
広告代理店や印刷会社は、自社の制作部門や外部の制作会社、あるいはつながりのあるフリーランスのデザイナーなどへ制作の依頼をします。 デザイナーやクリエイターは、あなたの会社の考えや要望を営業担当者から聞いて、最善のデザインを出すように努力します。 そして、 出来上がったデザインを営業担当者があなたのところへ持って来ます。
が、しかし、 「えッ〜?これって頼んだのとイメージが違うんだけどなぁ。」というような経験はありませんか?
トラブルのもとは、あなたの会社の考えや要望、意図などがいろいろなルートを経てデザイナーのもとに届くので情報にフィルターがかかってしまうのが原因なのです。
広告代理店は、広告枠を売るのが仕事。
印刷会社は、印刷物を作るのが仕事。
どちらもあなたの会社の考えや要望、意図などの情報を伝える媒体を扱う商売です。その媒体に載せる情報を加工(デザイン)するのがデザイナーの仕事なのです。
「ということは、デザイナーにウチの会社の考えや要望、意図を直接伝える方がいいんじゃないの?」
そうなんです。
デザイナーは、あなたの会社の姿勢やこだわりをどう顧客に伝えるか、それを表現するにはどうすればいいのか、それらを考えてデザインしていきます。
「カッコイイものにして」とか、「インパクトのあるもの」とか「グレードの高いイメージで」などのように漠然とした抽象的な情報しか与えられていないと「これって違うんだけどなぁ」というデザインが出てくるのです。ですから、制作するデザイナーに直接あなたの考えを伝えるのが一番なのです。デザイナーの側も前もって充分な情報がつかめれば、ピントの合ったデザインを提案することができます。
大切な時間とお金を使うわけですから、あなたに納得のいくデザインを手にしていただきたいのです。
とは言っても、デザイナーに直接コンタクトをとるのは、大変なこと。
「それじゃホ−ムペ−ジを調べよう」と、インタ−ネット検索してみると、数百、数千件の星の数ほど・・・どこがいいのか本当に迷ってしまいます。
そこで、あなたの会社の姿勢やこだわりの商品、製品、サ−ビスを効果的に伝えるためのコーポレートデザイン制作の依頼先を見極め、「こんなはずでは・・・」というトラブルを避けるためのポイントをご紹介します。


(1)あなたの会社の姿勢やこだわりの商品、製品、サ−ビスを理解しようとしているか?

どのような方向性でいけばいいのか、考え方をまとめなければデザインはできません。あなたの会社の姿勢やこだわりの商品、製品、サ−ビスをよく知り、セリングポイント(Selling Point)を見い出す必要があります。それがデザイン・コンセプトになります。この過程を省いて、いきなり作ってくる場合は、あなたが要望したものと違ったかたちで出てくる可能性が大きいのです。
●会社案内を作りたい
●製品チラシを作りたい
●チラシやパンフレットを作りたい
●ホ−ムペ−ジを作って有効に活用したい
●顧客へのプレゼンテ−ション資料が必要だ
●展示会に出展する予定がある
ほかにも、
●自社に広報、宣伝の専属担当者がいない
●ホ−ムペ−ジ作成が上手くいかない、反応が今一つ
●広告物のデザインにもう少し手を加えたい
●商品、製品などの広報宣伝用素材を担当ごとに持っているので、有効に活かされていない
●各担当課が製品チラシ、チラシを作るのでイメ−ジがバラバラ
●展示会出展用の展示パネルを作ってみたいが、どうすれば?
●キャンペ−ン用に店舗にポスターを貼りたい、数枚でいいのだが  等々、
あなたの要望や意図について充分な質問もせずに、「わかりました。すぐにデザインをお持ちします」というように早く形にして納品してしまおうというところは、やり直しをいたずらに重ね、貴重な時間を浪費させます。 制作に入る前の十分なコミュニケーションがとれるかどうかが、後のトラブルをさけることになります。


(2)あなたの会社を、より良く表現するためのアドバイスや説明があるか?

方向性や基本の考え方に基づいて、イメージをかたちにしていきます。何案かラフデザインを提示しながら、デザインを検討します。
その際、「なぜこの案なのか」「こんなデザイン表現もある」などのアドバイスや説明ができない所は問題です。
ここでのコミュニケ−ションによって、デザインがあなたの会社にとって、より良い方向性であるか、納得のいくものなのかを判断することができるからです。「コミュニケ−ション」を重視したデザイン姿勢があるかどうかは、日常的な進行方法、段取りなどを事前に聞いておくことでわかります。


(3)「安さ」を強調するのではなく、制作の進め方とそれに伴う費用の見積についての説明があるか?

例えばチラシを作る際、 原稿をいただいて、文字だけで構成するなら数千円で済むかも知れませんが、モデルを使って撮影となればいきなりン十万円もかかってしまいます。 何をするのか明細が不明な「デザイン費一式ン十万」という提示ではなく、「制作の進め方」と、それに伴う「費用の明細」が見積の中にきちんと明示してあるかどうかが、「こんなはずではなかった」のトラブルを防ぐポイントです。
デザインは、さまざまな手法と多くのプロセスの中で出来上がっています。全体のプロセスとそれに伴う費用がいくらなのかが分からないような「ホ−ムペ−ジ作成無料!」とか、「A4のチラシのデザイン○○円!」など、何でもかんでも「安くやります」「任せて下さい」という所は、そのほとんどが、あなたの要望が入らない、<ひな形>に当てはめて製作する流れ作業となっている可能性があります。


デザインは、あなたの会社のためだけのカスタムメイド、完全オリジナル特注品です。
あなたの会社の姿勢、こだわりを表現するコ−ポレ−トデザインを失敗しないためには?

会社案内、ロゴマーク、チラシにパンフレット、チラシ、広告、展示会、と企業活動に関わりの深いデザイン。あなたの会社の姿勢やこだわりをどう顧客に伝えるか、それを表現するにはどうすればいいのか、それらを考えることから始まるのがデザインです。企業は業種、業態、事業内容などによって千差万別で、デザインはまさに、完全にオリジナルなものですから、一社一社、お話を伺い、理解することから始めないとなりません。
あなたの会社の個性を引き出すコ−ポレ−トデザインで他社との差別化を目指すには、どのような方向性でいけばいいのか、考え方をまとめなければデザインはできません。 あなたの会社の企業活動の方針や内容〜“らしさ”と“中身”がマッチングしたデザインイメージを形作ることが大切です。
そして、何よりもデザインは、あなたの会社のためだけの「完全オリジナル特注品」です。
今一度、あなたの会社の姿勢やこだわりの商品、製品、サ−ビスが、 ホームページ、会社案内、ロゴマ−ク、チラシにパンフレット、チラシ、広告、展示会など を通じて、効果的に表現されているか見直してみてはいかがでしょうか。


コーポレートデザインであなたの会社をチェンジ!

無料デザイン診断&お見積を実施中です。今すぐこちらからお申し込みを。

御社のチラシ、パンフレット、会社案内やホームページ、ロゴマークの作成は、どなたが担当されていますか?
もし、御社に、広報・広告宣伝の専門部署がなく、技術、製造、総務、営業、販売等の部門の方が担当されているのなら、ぜひ、「無料デザイン診断&お見積」をご利用ください。
「どこから手をつければいいか困っている。」「忙しい本業を抱えているので、なかなか進まない。」などなど、このようなお悩みにお答えするのが「無料デザイン診断&お見積」です。

詳しくはこちらをご覧ください。


無料資料レポートを差し上げています。ご請求はこちらから。

無料レポート「他社とは違う!納得できるコ−ポレ−トデザインを手にするための方法 あなたの会社のこだわり製品・商品をきちんとお客に伝えるには 」 を差し上げています。レポート資料ご希望の方は、クイックフォームからご請求下さい。
ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
adobe reader